RSS

生活においての鍵の必要性

最新記事

鍵は犯罪を未然に防止することが出来る

犯罪行為は未然に防げるものです。犯罪行為を未然に防ぐために、色々な防犯グッズを購入して対策を取っている人もいるでしょう。しかし犯罪行為で恐ろしいのは、犯罪者に自分の住居に侵入されてしまうことです。つまり、空き巣や住居侵入こそ最も警戒しなくてはいけない身近な犯罪行為だと言えます。実は、こうした空き巣に対する防犯対策は意外と簡単なのです。有効な方法は、玄関の鍵や窓の鍵を変えることです。鍵の必要性を理解するだけで、空き巣のほとんどを防ぐことが出来るようになります。空き巣犯は、犯罪効率の悪い行為には絶対に出ません。この傾向はデータによってはっきりとわかっていて、空き巣を行う人間にもきっちりとした目安があるということです。空き巣犯が狙う住居は、当然セキュリティが甘い住居ということになります。ですので、当然鍵がかかっているのか、それとも鍵がかかっていないのかというポイントを考慮に入れて行為に及ぼうと考えているのです。そして、鍵がかかっている場合にはかかっている鍵を無理やり開けるための行為に移るのですが、この点が最大のポイントになります。このいわゆる鍵のピッキング作業には空き巣犯の基準があって、基本的に鍵をあけ始めて5分で70%が、鍵をあけ始めて10分で90%の人が住居に対する侵入を諦めるというデータが出ているのです。ですので、空き巣犯に10分以上の時間を玄関先、または窓の前で使わせることが出来れば、それだけで犯罪行為を未然に防ぐことに繋がるわけです。こうした空き巣による犯罪や住居侵入に関する犯罪に関しては、防犯カメラなどの特別な防犯対策を考えなくても、単純に相手に時間を使わせることが出来る鍵を用意することができれば、身の安全を保障することができるようになります。犯罪行為には、それぞれ有効な手段が違いますので、一概に全ての行為に対してこれが良いとは言えません。しかし、少なくとも住居の安全や家庭の安全を最優先に考えるのであれば、鍵を増やしたり鍵を新しいものに取り替えたりして時間を使わせることが最も効果的であるということもまた事実なのです。こうした鍵の重要性を忘れないようにしなくてはいけません。

コメントは受け付けていません。

コメントを受け付けておりません。

コメントのRSSを取得する 

コメントを受け付けておりません。

生活においての鍵の必要性

インフォメーション

リンク