RSS

生活においての鍵の必要性

最新記事

学校のロッカーにつけた鍵

私の学校では、自分のものは自分でしっかりと管理をしましょう。という決まりがありまして、学生はなるべくナンバーロック式のロッカーに付けられる鍵をかけるように言われたので、高いしっかりした鍵を買うか百円ショップで安い鍵を買うか迷いましたが、そんなに大事なものは学校にはまっていかないだろうと思い百円ショップで鍵を購入しました。 ナンバーロック式の鍵を購入して驚いたのが、今のナンバーロック式の鍵は最初から決められているナンバーを使用して鍵を閉めるのではなく、自分で鍵のナンバーを決めてそれを鍵自体に記憶させるという、現代的で新しく便利になっていることに気づきかなり驚かされました。 私は、今まで中学生の時などには、自転車などに付けるナンバーロック式の鍵を使用したことはあったのですが、その時のものは、もとからナンバーが決められておりまず、そのナンバーをきちんとどこかにメモを取って、自分でもしっかりナンバーを覚えてからしか使う事ができなくて、たまにナンバーを忘れてしまったりしたときには、思い出すことができなくて、メモをどこにしまったか思い出すことから始めたりなどと、とても不便でせっかく購入したのにあまりちゃんと鍵をかけることがほとんどありませんでした。 しかし、今使用しているナンバーロック式の鍵は購入してから自分でナンバーを設定するのでナンバーを忘れて鍵をあけることができないなんてことがなくて、とても便利です。それに、最初にナンバーを設定するときに、わかりやすい図が描かれているナンバー設定説明書が付いていて設定にも苦労することなく、機械音痴で物分かりの悪いといわれている私でも、問題なく一発で簡単にナンバーを記録させることができました。 技術の進歩というものはとても素晴らしいものだとその時強く思いました。たった数年で、便利だったものがさらに使いやすく便利になるというのはとても面白くかっこいいと思いました。

コメントは受け付けていません。

コメントを受け付けておりません。

コメントのRSSを取得する 

コメントを受け付けておりません。

生活においての鍵の必要性

インフォメーション

リンク