鍵の歴史と鍵の有効利用

大事な物を守る鍵は幾重にも厳重に

鍵の歴史と鍵の有効利用


鍵。それはもっとも基本的な防衛システムの一つ。実は鍵には深い歴史があるのです。鍵の起源は紀元前2000年ほどまでさかのぼります。当時使われていたのが「エジプト錠」と呼ばれる木製の鍵だったといわれています。それまではひもを複雑な形で結んでいたため、防犯としてはあまり役に立ちませんでしたが、鍵の誕生から防犯システムの基礎として完成形に近づきました。日本で一番古い鍵は西暦650ねんごろのものといわれています。実は鍵は別の形でも使われてきたのです。中世ヨーロッパでは都市の象徴として使われ、アメリカ合衆国では権力の象徴として使われていました。では、鍵について理解を深めたところで、鍵の種類について少し挙げてみたいと思います。始めにトランスポンダーキー。簡単に言うと「自動車用のカギ」ですね。次にマスターキー。見た目は普通のカギですが、それひとつで複数のカギが開けられる鍵のことを言います。使用例としてはマンションが想像つきやすいでしょう。次はスケルトンキー。これはアニメや漫画でよくある形のカギです。鍵穴は前方後円墳のような形で、隠された財宝やそんな感じのカギです。子供のおもちゃにもカギがありますね。チューブラーキー。これは特徴的な形をしています。軸の部分が太く、中が空洞です。つまり、パイプのような軸をしています。これが使われている身近なところといえばゲームセンターですね。ゲームセンターでよく見かけますね。丸い形の溝があり、一部だけ鍵穴が縦に伸びているやつ。実はこの形は複製するには専用の機械がないとできないので、防犯対策として高い効果を上げています。最後にカードキー。映画で見たことありませんか。会議室の入り口にカードキーを入れる場所があり、そこにカードを入れて会議室へ行くシーンとか。カードキーは免許証やクレジットカードと同じような大きさです。なので持ち運びに優れています。これは最近できたもので、複製はまず不可能といえます。なのでセキュリティの高い施設などによく使われます。ここまで鍵について少し語ってみましたが、どうでしょうか。鍵に興味が少し持てましたか。鍵はシンプルながら社会の様々なところで役立っています。ぜひ、そんな鍵を大事に使ってください。


コメントを受け付けておりません。